■小諸の元商家を探れ!

 「小諸の北国街道沿いの元商家にトロッコ軌道が残っている」、そんな情報を頼りに探索に出た。手掛かりは北国街道沿いにあるという事とWEB上で発見した古い建物の写真だけだ。まずは小諸駅で入手した周辺の観光マップを元に北国街道に向かう。あとは怪しい建物と持参した写真を照合しながら探すだけだ。それでも一応、予め目星を付けていた所はあったが全滅。ひたすら北国街道を進んだ。するとようやく写真そっくりの建物が目の前に現れた。ココだ!後は軌道が残っているかどうか?ガラス扉の中を覗きながら行くが、外の明るさと中の暗さの差が大きくガラスに外の景色が反射して見え難い…。(結構怪しい姿だろうなあ…)そして何枚目かのガラスの中に!軌道は残っていた。
 早速家人に声を掛けて軌道の調査をお願いすると即OK。但し忙しそうだったので軌道に関するお話しは聞けず、写真と軌間計測だけの調査に留まった。
 中庭へ続く通路に掲げられた暖簾の屋号に元商家らしさを感じる。この屋号の文字は建物にも着いている。
 軌道の残存距離は目測で20メートルくらいか。奥に蔵のような建物があるので、商品の出し入れ用に敷設されたのであろう。軌間は実測値で660mmという珍しいものだった。街角軌道にしては少し広めだ。写真で見ても少し広い感じに見える。トロッコは見える範囲では確認できなかったが、残っているのかどうかは分かららない。
 5分も掛からないくらいで探索を終了した。再び家人に挨拶をしたが奥の方から返事が聞こえるだけだった。また機会があれば再訪してお話を伺いたいと思いながらガラス扉を閉めた。


《データ》
■K家住宅 [廃線]

◇長野県小諸市◇小諸 歩
◇屋内◇約0.02km◇660mm◇人力◇敷設日:不明◇廃止日:不明

[探索日:2011.09.10]




inserted by FC2 system