■城下町の街角軌道を探れ!



 甲府駅のすぐ南に舞鶴城公園があり甲府が城下町だった証を残す。その公園の更に南側は現在、中央という町名となっているが、以前は八日町、魚町、柳町などという町名だったという。そしてかつて柳町と呼ばれていた一角に平岡機械工販という会社があり、そこにはトロッコが残っているのであった。このあたりは建物こそ建替わって新しくなっているが、道路形状は昔の名残を留める。昔は通りに面した間口の広さで税金が定められたため、今でも古い商店などは間口が狭く奥に長い敷地の店が多く見られる。ここ平岡機械工販も奥に細長い形状の敷地になっている。トロッコは通りに面した事務所兼店舗の横から奥の倉庫の前まで続いている。距離は結構長く50m以上はありそうだ。軌道の途中に段差があるが、そこは強引にクリアしている。脱線しないのであろうか?
 車輌は倉庫前に台車が一台あった。線路からは外れているがまだ使えそうだ。現在ではトロッコを使用することはほとんどないらしいが、一応、現役のトロッコとさせて頂きました!尚、レールの感じからは、そんな古く思えないのであるが軌道の使用開始時期は明治期らしい。

《データ》
■平岡機械工販 [現存]

◇山梨県甲府市中央4-4-3◇甲府(南口) 歩20
◇区間:店舗横〜倉庫前◇距離:約0.06km(推定)◇軌間:530mm(実測)◇動力:人力
◇01:平岡機械工販 FC(木製平台車 530mm)
 

[調査日:2009.09.01]




inserted by FC2 system